パソコン内に蓄積された一時ファイルを削除することでPCが軽くなります。
(Internet Explorer、Windows、ユーザー、それぞれの一時ファイルをまとめて削除できます。)

方法:

ゴミ箱を右クリックします。表示されるメニューの中の「CCleanerを実行」をクリックします。

ファイルの削除中は画面の右下のタスクバー内で「C」の文字とブラシが点滅表示しています。

さらにパソコン内を掃除するには:

スタートボタンをクリックしてすべてのプログラム→CCleaner→CCleanerを起動します。

CCleanerのメニュー画面の左側の「レジストリ」をクリックします。

次に「問題点をスキャン」をクリックします。

棒グラフが100%になったら「問題点を解決」をクリックします。

「レジストリに変更を加える前にバックアップしますか?」では「いいえ」をクリックします。

「選択しすべてを解決」をクリックします。

「問題点は解決しました。」が表示されたら画面を閉じます。

現在PCが正常に動作している場合は古い復元ポイント を削除することでハードディスクの空きを増やすことができます。

Vista発表直後に購入したパソコンでCドライブの割り当てが「50GB」くらいしか ないパソコンには有効です。

ccleanerの画面左のメニューの「ツール」をクリックして「システムの復元」をクリックします。
復元ポイントの内容が表示されるまで少し時間がかかります。
表示された復元ポイントの一番上の行は最新の復元ポイントなので削除することができません。
2行目から最後まで選択してから「削除」ボタンをクリックします。

削除の確認画面がでますので「OK」をクリックします。

以上で作業は完了です。

CCleanerを閉じます。