blanccoのhdd内消去ログの削除方法

blancco data cleanerは、消去ログ改ざん防止の為、mbrに消去ログを保存しています。富士通など、 一部のメーカーはリカバリー時にmbrの更新を行っていない為、リカバリーをしたのにマシンを起動すると、 blanccoの消去ログが表示されると言う現象が発生します。

あるいはリカバリーそのものができない場合があります。

その場合の対処方法は以下の方法でmbrを削除してからリカバリーを行います。

windows xpの場合
windowsxpのインストールディスク(oem版、パッケージ版など)を使用する場合。
1.windowsxpのcdをセットし、cdよりマシンを起動する。
2.windowssetup起動し、セットアップの開始画面が表示されたら、「r」を押して回復コンソールを起動する。
3.コマンドプロンプトが表示されたら「fixmbr」と入力しenter。
4.新しいmbrを書き込みますか?には「y」を応答する。
5.コマンドプロンプトが表示されたらexit入力し、作業を終了する。

winddows98起動ディスクなど、dosを使用する場合。
(fdiskコマンドが使用できる事)
1.fdやcdからdosを起動する。
2.コマンドプロンプトが表示されたら、「fdisk /mbr」と入力。
3.コマンドプロンプトに戻ったら、fdまたはcdを抜いて、電源off。