メモリーリード・エラー 回避方法 

メモリリードエラー 回避方法

「メモリが "read" になることはできませんでした」

ワソトン博士を再インストールすることで回避出来ます。
ファイル名を指定して実行(r)で「drwtsn32 -i」を実行します。
「ワトソン博士が規定のアプリケーション デバッガとしてインストールされました。」
と表示されれば完了です。