Windows Live メール2012 は2017年1月にサポート終了となりました。

ゆえに各プロバイダーのホームページでは設定方法を掲載していません。 左図はNiftyのサポートページに掲載されている設定値です。

これをWindows Live メール2012の設定画面にあてはめてみました。

infowebメールアドレスを利用されて方への案内

[全般]のタブをクリックして図のように入力します。

[ユーザー情報]欄の名前はメール送信時に相手側に表示される差出人の表示名となります。

[サーバー]タブを選択します。

受信メールサーバーのユーザー名には@Nifty IDを入力します。 メールアドレスではありません。

受信メールサーバーの種類: pop3

受信メール: pop.nifty.com

送信メール: smtp.nifty.com

[サーバー]タブの送信メールサーバーの右側にある[設定]をクリックします。

受信メールサーバーと同じ設定を使用するにチェックが入っていることを確認します。

[詳細設定]タブを選択します。

サーバーのポート番号のところで送信メール、受信メールともに(SSL)が必要のチェックをはずします。

配信の項目欄でサーバーにメッセージのコピーを置くにチェックを入れます。

サーバーから削除するにもチェックを入れます。14日後にしておきます。

すべて設定できたら[適用]のボタンをクリックします。 OKをクリックします。