「無人電源スリープ」項目を追加する

5分ほどで勝手にスリープモードになってしまう。Windows 10

レジストリを変更することで回避できます。

Window 10 のスタートボタンを右クリックしてWindows PowerShell (管理者)を クリックします。

コマンドプロンプト画面で regedit  と入力してEnterを押します。

下記の手順をたどります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\
    ↓
SYSTEM\
    ↓
CurrentControlSet\
    ↓
Control\
    ↓
Power\
    ↓
PowerSettings\
    ↓
238C9FA8-0AAD-41ED-83F4-97BE242C8F20\
    ↓
7bc4a2f9-d8fc-4469-b07b-33eb785aaca0
    ↓
"Attributes"=dword:00000002


右側ペインの「Attributes」をダブルクリックします。

値のデータを「2」へ変更してOKをクリックします。



ファイル → レジストリエディターの終了をクリックします。




コントロールパネルがカテゴリー表示になっている場合
コントロールパネル → システムとセキュリティ
→ 電源オプション → バランス(推奨)→ プラン設定の編集
→ 詳細な電源設定の変更

「システム無人スリープタイムアウト」の項目が増えます。
設定を2分から300分(5時間)へ変更します。




Shawn Brink氏作成のバッチファイルです。
解凍してからダブルクリックしてください。
Add_System_unattended_sleep_timeout.zip

https://www.sevenforums.com/tutorials/246364-power-options-add-system-unattended-sleep-timeout.html