「c:\documents and settings\」内にユーザープロファイルがありますが、 一例として「OWNER」のプロファイルがあり通常はこのOWNERのプロファイルを読み込んでWINDOWS XPが起動しています。 しかし、何らかの原因でこのプロファイルが壊れることがあります。 壊れると一時的なプロファイルでWINDOWS XPが起動しますが、デスクトップもマイドキュメントもすべて初期状態になっています。 以前に作成したデータは全くありません。

対処方法

  1. エクスプローラーのフォルダオプションの「表示」タブを選択して、
    • すべてのファイルとフォルダを表示します。
    • 登録されている拡張子を表示します。
    • 保護されたオペレーティングシステムファイルを表示する。
  2. 新しくユーザーを作成します。一例として、「new-owner」と「仮ユーザー」の2つを作成します。
  3. 作成した2つのユーザーにそれぞれログオンとログオフを繰り返します。 その後再起動して「仮ユーザー」だけでログオンしておきます。
  4. 「c:\Documents and Settings\」内に「owner」と「new-owner」と「仮ユーザー」のフォルダがあることを確認します。
  5. 事前に「owner」内のtempやtemporary internet filesの中身のみを削除しておきます。 フォルダそのものは削除しません。その他,cookiesや一時ファイルも削除しておきます。
  6. 「owner」内のすべてのフォルダーを「new-owner」の中へコピーします。 但し、次の3個のファイルだけはコピーしないように注意します。
    • ntuser.dat
    • ntuser.dat.log
    • ntuser.ini
    コピー中にフリーズする場合はフォルダーを一つ一つ手作業でコピーします。
  7. 再起動後「new-owner」でログオンします。その後にコントロールパネルから「仮ユーザー」を削除します。 データは保存しません。続いて「owner」を削除します。データは保存します。後日コピー漏れがあった場合に参照するためです。
  8. 保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しないようにします。
  9. Outlook Expressのアカウントが引き継がれていない場合は再度アカウントを作成します。
  10. 以上で完了です。